症状固定と示談交渉

交通事故に遭い、入院や通院を余儀なくされることがあります。この場合、怪我が完治すればいいのですが、中には辛い症状が残ってしまうこともあります。その場合、それ以上いくら治療しても症状に改善が見られないと、医師が判断すれば、症状固定という状態となり、それ以後の症状については、後遺障害とみなされ等級認定を受けることになるのです

後遺障害の等級認定には、医師による診断書が必要となります。ただ、この診断書もすべてを医師に任せっきりにするのは危険です。記入漏れや、曖昧な記述があれば不利な認定となることもあります。診断書を必ず確認してください。その後、等級認定に必要な検査を受け、申請を行うという流れです。

こうして事故後の症状が完治したり、症状固定となれば、そこから示談交渉です。加害者側の保険会社から示談金が提示されますが、ほとんどの場合、相場よりもかなり低い額となります。安易に承諾すると示談はやり直しができませんので、慎重に判断する必要があります。このとき、弁護士に相談することで、示談金が増額となったり、精神的な負担が軽減できます。個人で交渉するよりも、弁護士などの法律のプロに交通事故に関する示談交渉の依頼をするのも一つの手段と言えるでしょう。