まずは警察と病院へ

自分では気を付けているつもりでも、交通事故はいつどんなときに巻き込まれるか分かりません。交通事故に遭った場合、そのほとんどが示談で解決という方向へ進みます。ただ、この示談についてですが、予めその流れを知っておくのと知らないままでいるのでは、その後に受け取る示談金の額にも影響してくるのです。

示談の流れとして、まずは事故発生からです。事故に遭った場合は、必ず警察に連絡してください。加害者が物損事故で済ませたいと申し出てきても、それに応じてはいけません。そして、これも必ずですが病院で診察を受けましょう。事故直後は怪我が無くても、後になって症状が出るケースもあります。そういったときは、診断書を持って警察に届け出てください。事故の処理が物件事故になっている場合がありますので、これを人身事故に切り替える必要があるのです。物件事故のままであれば、治療費などが受け取れなくなることもあります。交通事故証明書で事故の内容を確認することが重要です。

治療に際しては、症状を医師にしっかりと報告し、しかるべき検査を受けでください。こういった通院の証拠が示談金の額に直接響いてきますので、検査や診断に関して、その書類や資料も保管しておきましょう。