交通事故と示談金

交通事故に遭うと、ほとんどの場合、示談による解決法が取られます。ただ、この示談も相手側のペースで行われていくと、どうしても不利な条件を飲まされることになります。被害者でありながら、加害者に有利な示談となるのです。こういった事態にならないためには、示談の流れをしっかりと把握する必要があります。

交通事故に巻き込まれたら、まずは警察を呼びましょう。加害者としてはなるべく穏便に済ませたいため、警察を呼ばずにことを終わらせようとする人もいますが、これには決して応じてはいけません。そして、警察による自己処理が終われば、必ず病院へ行ってください。事故直後は、興奮して痛みを感じないこともあります。また、症状が翌日にでてくることもありますので、素人判断で大丈夫と思わず、医師による診断を受けましょう。また、警察で交通事故証明を確認するのも重要です。事故の内容が人身事故になっていないこともありますので、病院での診断書を持ちこみ、その旨を届け出て、人身事故扱いに変更してもらうのです。人身事故でなければ、治療費などの請求ができない恐れもあります。

その後、入通院で怪我が完治するか、あるいは症状固定と判断され、後遺障害の認定を受ければ、そこからようやく示談交渉となります。保険会社によっては、示談を急いでくるところもありますが、全ては病院での処置が終わってからになりますので、これに応じてはいけません。このサイトは、交通事故発生から示談金受取りまでの流れについて説明します。